世界には
たくさんの予言、預言があります。

それらは
およそ
先住民といわれる
古くから
この地球に住む人々が
伝承し
受け継いでいったものです。

どうして
そんな未来のことが
わかったのでしょうか?

実は
その多くは
実は
天空の人々や
地底の人々から
聞いたものといわれています。

ここでは
シリウスにも関係する
とても有名な予言、預言を
ご紹介します。

マヤの予言(太陽の石「アステカ・カレンダー」)とは


太陽の石「アステカ・カレンダー」は
直径が3.6m、重さ24トン、
メキシコシティのテノチティトランの敷地で
1790年に発見され博物館に収められています。

「太陽の石」あるいは「アステカの暦」、
「アステカ・カレンダー」と呼ばれているのは、
それは中央のトナティウ
つまり太陽像の回りに、
アステカの暦と宇宙論の関連を示す
絵文字・記号が配置されているからです。

アステカ人によると、
宇宙は今までに4つのサイクルを経てきたといわれています。

つまり4つの太陽の世界が
次々に生まれてそれぞれ滅んできたという。

「アステカ・カレンダー」と太陽の世界について


この石の中央の太陽がそれにあたり(舌を出している。)、
過去の4つの太陽はその斜めの上下に記されています(4つの四角。)
そして、それを取り巻いて、各種の暦表記が表現されています。

石の円形の部分が全宇宙の中心的存在トナティウ、
または現在の第5の太陽ナウイ・オジンを表しており、
その右上が第1の太陽であるジャガーの太陽、
左上が第2の太陽である風の太陽、
左下が第3の太陽である火の雨の太陽、
右下が第4の太陽である水の太陽となっています。

過去の4つの太陽は
それぞれはナウイ・オセトル(四のジャガー)、
ナウイ・エエカトル(四の風)、
ナウイ・キアウィトル(四の雨)、
ナウイ・アトル(四の水)。

それぞれの太陽を司っていた神と人間は、
太陽とともに滅びたり、別の生き物に変えられたりしたという。

第一の太陽の世界では、
神の創った巨人が住み、農耕は知らず、
洞窟に住んで野生の果物や木の根を食べて暮らしていたが、
ジャガーに食われて滅んだとされています。

第二の太陽の世界では、
人間は嵐のために滅んだが、
神は風に吹き飛ばされないように
人間を四足の猿に変えたといわれています。

第三の太陽の世界では、
すべてのものは火山の溶岩のため滅んだため
神は人間を鳥に変えて難を避けさせたといわれています。

第四の太陽の世界では、
すべてのものが大洪水で滅んだため
神は人間を魚に変えて命を助けたといわれています。

この洪水伝説は、聖書の中の「ノアの箱舟」と似ています。

また、
一番上の四角で囲まれた絵文字は「13の葦」の日付を表しており、
この太陽の石が完成して奉納された西暦1479を表しているといわれています。

まさしく、
太陽の民族アステカの宇宙観と世界観を集約したこの石は、
まさにアステカ文化のシンボルなのです。

マヤの予言(太陽の石「アステカ・カレンダー」)の内容について

この暦では2万5640年をひとつの単位とし
現在の始まりは紀元前3114年8月11日を
カレンダーへの記録の始まりとしています。

そして
2万5640年を5等分した、
5128年単位の第5サイクル期が刻まれていて
今は第5サイクルが
2012年12月21日に終わりをつげ
未知なる第6のサイクル
もしくは
0へ戻り
再び第1サイクルへと突入しています。

現代は
予言に書かれていた
第5の太陽の時代が終わりを告げるとしたら
どのようなもので
この世界が滅びるのか?ということですが
今までの太陽の時代は
ジャガー、風、火、水で滅んでいきました。

私が考察するには
おそらく
第5の太陽の時代は
太陽によって滅ぼされ
この世界はリセットされるのではないか?と感じています。

先ほども伝えたように
今は第5サイクルが
2012年12月21日に終わりをつげ
未知なる第6のサイクル
もしくは
0へ戻り
再び第1サイクルへと突入しています。

暦の上では
第5の時代は
2012年12月21日に終わりをつげていますが
現実の世界
具象の世界は
ぴったりと
その日にちにあうものではなく
高次元世界
つまり
抽象世界のことを
表している場合が多いのです。

しかしどうでしょうか?

あきらかに
2013年から
眼に視える部分でも
世界は
変容してきていると感じます。

そして
太陽は
活動の低下により
黒点が消えていますが
太陽フレアや磁気嵐が
かなり強烈に地球を襲っていて
2012年以前よりも
巨大地震や火山噴火につながっています。

2011年3月11日
この日本ではかつてない大地震と大津波に襲われています。

毎年のように
洪水や台風に襲われ
オーストラリアは
かつてないほどの火災に見舞われています。
つまり
風、火、水によって
災害に見舞われているのです。

マヤの予言(太陽の石「アステカ・カレンダー」)のまとめ

神人ケツァルコアトル
(アステカの主神「羽毛の蛇」、マヤではククルカン)は、
太古の昔に海からメキシコにやってきたと信じられており、
アステカやマヤが人類最後の日を計算するのに使用した
高度な数学とカレンダーを作る公式を発明したと言われています。

この神人ケツァルコアトルとは
どのような存在なのでしょうか?

かつて
宇宙人は
この地球に人類が住めるように
介入したといわれています。

このケツァルコアトルもまた
宇宙存在であります。

シリウス文明が復活し
すべてが一つになろうとしてるのがまさにこの現在。

人類が目覚め
神のこと
宇宙のことも
ずべて知るためのきっかけになる
それが今なのです。

この太陽の石「アステカ・カレンダー」は
単なる予言ではなく
人類への警告として
しかるべきメッセージを刻んだものとしてとらえ
そして
これからもたらされるべきものを
しっかりと受容するべきなのです。

「シリウスアルケミー」では
アカデミーコースを受講していくことによって
魂を思い出すこと
本当の自分に還ることを目的としています。

アカデミーコース受講
メンバーのご登録はこちらから
https://sirius-alchemy.org/membership-join