アトランティスとは

アトランティスは
1万5千年前
かつて亀の島と呼ばれていました。

それは
大陸移動前の
巨大な大陸の一部であり
司令部や管理機関をもっていました。

亀の島では
5つの民族がいて
白い種族「ガガン」は島の北東部にいました。

優れた知能で驚異の技を生み出し機械を創り出し
さらには
病をいやし肉体を健康にし医療技術を独占し
分かち合うことなくうぬぼれていきました。

白い種族「ガガン」は
すべてにおいて
白という
「アガ・オヘダ」
つまり「泥を恐れるもの」となっていきました。

すべての
表面を白い物質で覆いつくそうとしていった結果
そのせいで獣や植物は死んでいきました。

そこで
母なる大地は自由意思を与えました。

彼らは自ら選んで
自分たちの存在につながる根を
断ち切ってしまい
大地は沈み
海の汚れは
海の大波が清めていきました。

いずれにしても
ビニミ諸島の一帯から
アトランティスの発見されることでしょう。

そして
大西洋、インド洋、死海に文明の残骸がある。
いずれ発見されると伝説に伝わっています。

クリスタルスカルとアトランティスについて

アトランティス人は
宇宙人から伝わった
知恵をもとに
海と火から生まれる
水晶を養殖することに成功しました。

水晶は生きた物質であり
精神と物質で満たすことが可能だったのです。

水晶を通した光で
天候を制御して
作物の生育を制御
人格を制御
肉体を若返らせ
治癒をもたらしていきました。

つまり
クリスタルスカルは
メディスンストーンであり
コンピューターだったのです。

アトランティスは
ポセイディアの太陽の神殿に安置された
炎の石は国家の力の中心だったのです。

その石から
たくさんのプリズムを通じて
太陽光線は全国に放射して
船、飛行機などを動かしていた。

アトランティスは
太陽と水と月のエネルギーを使って
自由に世界を旅していました。

これから起きることや
今、大切なこと
シリウスからのメッセージを
メルマガでお伝えしていきます。

メルマガ特典として
メンバー限定メッセージも
ご覧いただけます。

¥366/月(税込) 初月無料!
毎月3日 発行予定です。
↓ぜひご登録下さい